Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

タバードコンテストに参加してみた-暗躍編- 

 

an3.jpg

私がお世話になっているguildで、
結成一周年を記念して、メンバーの中から、
guildタバードのアイディアを募集する、
という企画が持ち上がりました。

 
はじめは、
入ったばっかりの新参者が、
しゃしゃり出ていくのもアレかなー、
と思ったり。

応募の仕方がよくわかんなかったり。

他の人がたくさん応募するだろうから、
私は別に応募しなくても良いかなと思ったり。

あんまり応募する気がなかったのですが、
事態は急変したのです。


GM:応募数が、芳しくないので、
選ばれた人には、商品をつけることにします。


よろこんで、応募させていただきます!


現金なものです。


かくして、
タバードコンテスト優勝を目指して、
私の暗躍が始まったのでした。


最初の難関は、応募要項です。

カジュアルギルドっぽければなんでもいい。

ギルド名からいって黄色・オレンジを使ったものが、
高得点を狙えると思うが配色指定は特になし。

一年中使うものなのであまり季節を意識しない。




最初から、ハードル高いです。
なんでもいいけど、何でもよくない。

何食べたい?
何でも良いよ。
じゃあハンバーグにしよう。
いや、ハンバーグはちょっと…。

みたいな。


そもそもカジュアルギルドっぽいって、どゆこと?

ギルド名から言って、夏の季語なのに、季節を意識しない。
けれど、まさにこのギルドっぽいカラーであることが望ましい。

さりとて、一年間は使われる予定なので、
まわりに、恥ずかしくないレベルのものを。

んー。

んー。


わからん。


行き詰ったので、とりあえず、過去作品を見て
傾向と対策を練ることに。

投票結果を見ると、
やっぱり、黄色や、オレンジのものに票が集まっていて、
アイコンは、かわいいものや、綺麗なものにあつまっている印象。


とりあえず、デザインツールなるもので、試作してみることに。

ここでも、問題が山積み。

まず、アイコンカラーが、すっごく地味。
可愛い色がない!全体的にどんよりしたマッドな色調で、
早速くじける。

次に、周りを縁取るボーダーカラー。
こちらもまた、地味。
かろうじて使えそうなのは、
グリーン、イエロー、ブルーにホワイト。

最後に、バックグラウンドカラー。
なぜ、ここだけ、こんなにも派手なのか。
バックなんでしょ?もっと落ち着こうよ!w

アメリカのゲームだから、アメリカ色なのはわかるんですが、
やっぱり日本人の色彩感覚からは、すこしずれている様子。

セサミストリートとか、スポンジボブとか、
ブランディ&ミスターウィスカーズとか、
そういえば、けっこうジェリービーンズみたいな色していたなぁ…。

an.jpg

左から、moonkin/resto dru/向日葵をイメージ。

なんだか、しっくりこない感じ。
色同士の反発のしあいがスゴイ…。
目が痛い。


カジュアルギルドについて、ほりさげてみる。
ハードコアじゃなくって、カジュアル。
kumakitiでもraid行けちゃうような、ゆるーい感じ。

kumakiti=noob

これですよ。
初心者でもokって事ですよ。

そうだ、初心者マーク。
カラーは、緑と黄色。

ちょうど、緑は、調和とか安定とかそんなイメージで、
人が多いguildっぽい感じだし、

黄色は、明るくてにぎやかなイメージ、
いつもチャットがにぎわっていて、楽しいguildっぽい感じだし。

いいかも。

幸い、緑と黄色は使えるっぽいし、
過去作品からも、黄色が入っていたら、
好印象を得やすいみたいだし。

an2.jpg

ということで、作ってみたのがこちら。
なんか、微妙に、クドイ。

あざとい。

もっと、こう、
アッサリとした感じが良い。
質素な感じ?純朴な?
日本人ギルドだし?

そうだよ、後ろがうるさいんだよ。
バックグラウンドなんだから、もっと、周りを引き立ててよ。

ということで、最終的に完成したのがこちら。

an3.jpg

うほっ
いいタバード。

われながら、
なかなか可愛く出来たと思います。


四葉のクローバーは、幸運の象徴ということで、
gear drop率アップにも、きっと貢献してくれることでしょうw


さてさて、
kumakitiタバードの、
コンテスト結果はいかに?


次回、完結。



 





category: ギルドの方々との交流

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。