Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Masteryでヒール量をアップ 

 

mas.png Mastery: Harmony
Passive

Restoration Druidのヒール量をアップさせてくれるスンごいパッシブ。

reg.png Regrowth
nou.png Nourish
ht.png Healing Touch
sm.png Swiftmend
が発動してから20秒間、ヒール量が10%アップ。
さらに装備で強化されたMasteryのステータス分、増加量がアップする
 
この20秒間というのが重要

常にこのPassiveを発動させておくことが大切。
Restoの全てのヒールスペルに効果があるので、絶対に効果を切らせないよう注意。

ClassTimerというアドオンを導入しておけば、
下の画像のようにわかりやすくゲージで表示してくれるのでお勧め。

time.png

表示位置も設定できるので、
キャラクターの近くにド派手に表示も可能。

これで忘れるリスクを大幅カットしてくれる。

time2.png


ClassTimerはこちらのサイトからダウンロードできる。

http://www.curse.com/addons/wow/classtimer



設定方法を簡単にまとめる

timersの、みたいスペルタイムにチェック
ct1.png


Clearcastingの項目が見当たらなかったので、
Extrasの項目で、手動で Clearcasting と入力

そのほかにも必要なタイマーがあれば、入力していく
ct2.png


全てのバーをひとまとめに表示するためにBar Settingをカスタマイズして
ct3.png


Lockボタンを押して、バーを好みの位置に移動させて、
移動させた後、再びLockボタンを押せば完了。
ct4.png


Lifebloomのタイマーを使う時のワンポイント。

デフォルト設定の場合、lb.pngLifebloomを使った対象が、自分あるいはTargetに指定されている間のみ、
ClassTimerが残り時間を表示してくれるようになっている。

自分やTargetに設定されている対象以外にlb.pngを使った場合、ClassTimerは反応しない。

そこで便利なのが、Forcus Macro

/focus [@mouseover]
/cast [@mouseover] lifebloom


というマクロを設定して、lb.pngを使用すれば、
自動的に対象をForcusという第2のTargetのような状態に設定してくれるので、
ClassTimerが残り時間を表示してくれるようになる。

おためしあれ


Macroについて詳しく知りたい場合はこちらのページが参考になる。
http://yukiusagi.la.coocan.jp/wow/wowmacro.html


 


category: Restoration Druid/考察みたいな

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。