Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

fistweavingやってみる 

 

npandd.jpg

mw monkの遊び方。

 
 
以前、chiシステムがなくなって、スキルがかんたんに出せるようになって、mw monkの楽しさ無くなっちゃったーって騒いでいたのですが、fistweavingが思いのほか楽しかったのでメモ。

fistweavingとは、monk healが攻撃しながらhealするプレイスタイルのことで、monk healはmistweaverって言う名前のheal specなのですが、mistと拳のfistをかけて、攻撃しながらhealする遊び方をfistweavingと呼ぶようになったらしいとかどうとからしいです。

攻撃しながらhealするというと、新しくなったdisc priに似ている気がするのですが、priは攻撃すると与えたダメージに応じてhealに変換される仕組みなのですが、monkの場合はdpsしてもぜんぜんhealしてくれなくて、dpsでリソースを稼いでhealで消費するという感じになっていました。

monkのdpsスキルはtalentのとり方をfistweaving仕様にカスタマイズすることで、マナを回復したり、スキルを強化するお茶をいつもより余分に飲めるようになります。そこで浮いたマナで出力重視の燃費の悪いスキルを贅沢に使ったり、お茶によって強化されたスキルをガシガシ使って、攻撃しながら強力にhealするという、なんとも面白そうなプレイスタイルを実現可能になるわけです。



fistt.jpg

talentはこんな感じ。45talentのspirit of the craneは、tiger palmを使うとteachings of the monasteryというバフが3つまでスタックしていって、black out kickを使うとスタックを消費して1スタックごとにマナが少量回復するようになるtalent。100talentのrising thunderは、rising sun kickを使うと、tunder focus teaのcdが解消されるようになるスキルです。

totm.jpg

基本的にいつもはdpsスキルを使って、black out kickでマナを回復しつつ、rising sun kickでthunder fociuu teaというお茶のcdをゴリゴリ解消して、強化したhealスキルを必要に応じてガンガン使っていく寸法です。

dpsのローテ
1 thunder focus tea
2 rising sun kick
3 black out kick (teachings of the monasteryが3スタックしている)
4 tiger palm

rinsing sun kickはthunder focus teaのcdを解消する目的で使っているので、ローテ2に進む前にかならずヒールスキルで消費します。このお茶は、次に使うヒールスキルを強化するスキルで、renewing mistかenveloping mistに使うようにします。ae healが必要ならrenewing mistで、単体ならenveloping mistという感じ。

renewing mistを使うと、スキルがヒールするたびに低確率でvivifyのヒール量が上がるuplifting tranceというバフがもらえるのですが、こちらも忘れずに消費しておきたいところ。でもvivifyはthunder focus teaのバフを受けてもそんなに恩恵がないので、うっかりお茶を消費しないように注意したいです。

これだけしていると、だいぶマナが余ると思います。そこでマナ消費が大きく、ヒール量も多いessence fontを使います。このスキルはchannelスキルなので、3秒間のあいだ無防備になってしまいますし、ノックバックなどで中断させられてしまうので、安全を確認してからうつように注意。

healのローテはこんな感じ
1 ae healが必要ならessence font
2 thunder focus tea + renewing mist か enveloping mits
3 uplifting tranceのバフが出たらvivify




dpsとhealを合わせるとこんな感じ。

1 ae healが必要ならessence font
2 thunder focus tea
3 renewing mist か enveloping mits
4 rising sun kick
5 uplifting tranceのバフが出たらvivify
6 black out kick (teachings of the monasteryバフが3stackあるとき)
7 tiger palm

もちろんローテのほかに、必要に応じて各種ヒールスキルやrevivalなどのcdスキルも使うので、かなり複雑で、プレイヤーの腕のみせどころな感じです。



kodest.jpg

lfrで遊んでみたところ、他のhealerと同じくらいヒールしながら10kdpsくらいでるので、パフォーマンス的にもけっこういい感じでした。

実際にやってみるとスキルのcdや、スキルを使う時に発生するgcdの兼ね合いで上手くローテどおりに回らなかったり、thunder focus teaの使い道を間違ったり、急なダメージに対応する為にdpsローテに狂いが生じたり結構大変で、いろいろ状況判断しながら遊べるので、楽しかったです。

次期拡張のmw monkのset bonusは、2setでrenwing mistで発生するuplifting tranceの確率が2%上昇する効果、4setでvivifyのメインターゲットのヒールが25%増えてessence fontのhotが50%増える効果が予定されています。renewing mistもvivifyもessence fontも、fistweavingには欠かせないスキルですし、fistweavingのパフォーマンスが上がりそうな装備なので、これからのfistweaveライフが楽しくなりそうな予感がします。



どうしよう。monk healも楽しそうだなー。


  


category: Mistweaver Monk/のすけ<3

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。