Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

楽しいholy priメモ。 

 

pirrirh.jpg

renewばっかりじゃなくなりました。

 
 
hpritall.jpg

heal scoreを見ると下の方をうろうろしていて、どんだけすごい調整されちゃったんだろうかと恐る恐るlfrへ遊びにいってみたのですが、意外というか結構いっぱいheal出来たので日記に書いてみようと思います。

holy priの変更で1番大きかったのは、チャクラシステムの廃止。チャクラを切り替えずにそれぞれのholy wordが使えるようになった代わりに、cdが1分に増加。でも対応するスキルを使うとholy wordのcdが解消されて、いっぱい使えるようになる。そのうえholy wordが結構強い。なので、holy wordをいっぱい使えるようにしたら、いっぱいheal出来るようになるんじゃないかというメモ。

talentはこんな感じで、holy wordのcdを追加で解消できるようになるスキルと、holy wordを使うと、heal量が増えるスキルを選択。




今までのローテは、renewを多用してhealしていくスタイルが主流だったけど、selendipityを最大限活用してholy wordを沢山使えるように、healやflash healをメインに運用していく感じにしてみた。

renewはinstantで2%mana、55+275%sp回復。

flash healは1.5secで2.8%mana、475%sp回復。

healは2.5secで1.7%mana、475%sp回復

holy word:serenityはinstantで4%mana、2000%sp回復。

消費manaと回復量を軽く比較してみると、renewってそこまでいっぱいhealしてくれない。hotなので回復しきるまで15秒かかっちゃうし、hotメインにするならそれこそresto druid使ったほうが良いんじゃないかってレベルの印象。だから、renewを使うのは必要最低限にして、他のスキルをメインにした方がいっぱいheal出来そう。

renewは移動がおおくてcastしてられないみたいな場合や、tankみたいに効果時間15秒中ダメージを受け続けるメンバーにかけるだけにしておく。

こんな感じでタレントとパッシブでcdを減らして、holy word:serenityでバコンとhealすると結構楽しかった。2000%spも回復するので、体力バーが一気に増えるんだけど、これが病みつきになる感じ。tankが不意に大ダメージを受けたり、他のメンバーがミスした時とか、他のクラスを使っていると慌てるんだけど、holy priだと待ってましたといわんばかりにholy word使えるから、holy pri冥利に尽きる。

talentのおかげでholy word使った後は、ちょっとの間healが強化されるし、holy wordはできるだけたくさん使ったほうが強そう。



renewを控えて他のスキルをメインにすると、holy wordがいっぱい使えるようになる他に、masteryのecho of lightが有効に働くという利点もある。echo of lightはdirect healをmasteryの%分hotにして追加でヒールしてくれる効果。でもrenewを使用した場合、masteryは55+275%spの55のところにしか作用しない。そのほかのhealはまるまる全部mastery効果を受けるので、mastery%が高くなるとrenewを多用するほどholy priのパフォーマンスが下がることを考慮したほうが良さそう。




ae healはprayer of healingを使うと、power word:sanctifyのcdが減る。

legion pre patchきてから、このpohの使い勝手がかなり良くなった。いままでは、対象メンバーと30yard以内にいる同じグループのメンバーしかhealしてくれなかったのに、今は対象メンバーと20yard以内にいるメンバーをhealしてくれるようになった。効果範囲は半分に減ったけど、グループの縛りがなくなってかなり便利になった印象。

prayer of healing、2sec、4.5%mana、200%sp*5回復

circle of healing、instant、5%mana、260%sp*5回復

holy word:sanctify、instant、5%mana、600%sp*6回復

さらっと比較するとこんな感じ。pre patch来る前は、cohがすごくパフォーマンス良くされていたけど、pohのグループ縛りがなくなったから、pohとcohの格差が以前より感じられなくなった印象。cohは15秒のcdがあるから連発は出来ないし、pohがけっこう使いやすくなってるから、holy wordのためにも率先して使って行きたいですな。

アイテムレベルが高くなって、マナの心配がないプロ勢は、それこそprayer of healingばっかりつかってholy word:sanctifyスパムして、hps稼いでいたりするし、結構いいのかもしれない。

gobss.png

holy word:sanctifyは、便利で強いんだけど、使用感があんまり良くない。とにかく地味で効果音もシュギンッって感じでhealしたぜって感じがしない。味方に当たったのかどうかのすら判別できないし、なんとかもっとかっこよくならないかなー。druのキノコと範囲は同じなんだけど、こっちは一瞬で効果が発揮されるタイプだから、味方が集合していないと、あんまりhealが出来たかどうかがわかりにくいのよねー。

いちおうaddonでmasteryのecho of lightを表示するようにすると、だれがヒール効果を受けたかわかるけども、ヘルスバーがごちゃごちゃしちゃいそうだし、今の所そんなに気にしなくてもいいのかなーという感じ。必要になったら表示するようにしてみようかなー。



というわけで、だいたいこんな感じでしたのメモ。



 


category: Holy Priest/チャクラ宙返り

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。