Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

HoT ほっと Heal over Time 

 

kakasi.jpg

HoT。rejuvなどの時間経過で継続的にヒールするスキルのメモ。

 
 
rejuv32.jpg

いまさらだけど、WoDできたhot変更のおさらい。

効果時間が切れる前に更新した場合、最大130%まで効果時間が合算され延長される。

ヒール量はtickが発生した瞬間のステータスに依存する。

WoD: 新DoTシステム
http://seesaawiki.jp/jaijai/d/WoD%3a%20%bf%b7DoT%a5%b7%a5%b9%a5%c6%a5%e0




更新するときに130%まで効果時間が延長されるというのは、通常15秒継続するrejuvenationの場合、15×1.3で19.5秒まで延長できるということです。これはつまり、19.5-15で4.5秒まで時間が延長されるということで、rejuvの残り時間が4.5秒よりも短ければ更新しても損失がないということを意味しています。

talentスキルのgerminationを選択している場合、rejuvの効果時間がさらに3秒延びて18秒継続するようになります。この場合は、18×1.3-18で残り時間が5.4秒よりも短ければ更新しても損失がないようになります。

通常レイドフレームには、ホットの残り時間をわかりやすく表示しているのですが、0コンマ以下の数字までは表示されていません。なので、通常は4という数字が見えたら更新して、germinationを選択している場合は5という数字が見えたら更新するようにすれば、損失はなさそうです。

lifebloomは、グリフをつけていなければregrwothやhealing touchで更新できますし、グリフをつけていればむしろ更新せずにブルームさせたいので、あんまり意識しなくてもよさそう。regrwothのおまけで付いてくるhotは12秒なので12×1.3-12で3.6秒の更新猶予時間があるのですが、こちらも緊急なら気にせず使っていますし、グリフを入れるとhotがなくなるので、あんまり意識しなくてもよさそうです。




tolhor.jpg

ふたつめの、ヒール量はtickが発生した瞬間のステータスに依存というのが結構面白くて、プレイヤーによってパフォーマンスが変わってくる部分です。

画像は、rejuvのヒールのタイミングに合わせて、tree of lifeで変身したり解除したりして遊んでみたときのヒール量です。ヒールを使ったタイミングに関わらず、ToLフォームになったときだけヒール量が上がっていました。
kousintm.jpg

たとえば、こんな感じ。ToLに変身する前に使ったrejuvでも、変身すればヒール量がToL効果の恩恵を受けられるのですから、あらかじめrejuvをばら撒いておいて、最初にばら撒いたhotの更新タイミングで変身したほうが、最初に変身するよりもずっと効率よくヒール量を強化することが出来ます。

ToLだけじゃなくて、トリンケットや、レジェンダリーリング等のアクティブ効果があるアイテムを使うときも、事前にhotを効率良く最適な量をばら撒いてから使うようにすれば、アクティブ効果を最大限発揮することが出来るようになります。

このことを意識するには、DBMをちゃんとチェックして、ボスの攻撃タイミングをしっかり見極めて10秒前には事前の準備をしておいたほうが良いです。gorefiendみたいな、痛いところがちゃんとわかるボスはやりやすいのですが、わかりにくいボスも結構多いです。そいういうときは、事前のプルの様子を見ておいて、レイドメンバーの苦手なところや、被ダメが多くなる傾向にあるところを注意して、hotの準備をしておくようにします。

なんにもなければプレhotだけですましておいて、いざというときに強化系のスキルをちゃんと使えるようにしておけば、安心です。ゆーて、私は、自分のことで精一杯で、あんまり他のプレイヤーまで目が届いておりませんし、DBMを更新し忘れて表示されていなかったりすることも多々あるので、これから先、上手く動けるようになれたらいいなーくらいのメモです。



というわけで、HoTソムリエなresto druidなのですからHoTの特性をしっかり把握しておかないことには、パフォーマンスが下がっちゃうということでね、いまいち良くわかっていなかったのですが、これからはちゃんとrejuvしようとおもいます。


 


category: Restoration Druid/考察みたいな

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。