Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Demonic Phylacteryメモ 

 

manatorinke.jpg
 
マナトリンケットゲットであります。

 
 
タイムワーキングダンジョン5つクリアしたご褒美ボックスから、憧れのマナトリンケットをゲットしました。というわけで、早速性能をチェック。こちらのトリンケットは、スキルコストを一定量減らしてくれるトリンケット。他にintとhasteがついているので、hotやcast healを使うクラスによさそうな性能です。肩に角の生えたロボSocrethar the Eternal戦でdropします。

こないだ倒した、kilrogg戦のlogを参考にしてみようと思います。私が手に入れたアイテムレベルだと、スキルのマナコストを556減らしてくれるようです。ただし、コストを減らすだけで、もともと556以下のコストしかないスキルを使ってもマナが回復したり、chiやholy powerのスキルを使ってもマナが回復したりするようなことはないようです。

ckaisu.jpg

この戦闘ではトリンケットが有効なスキルのcast回数は全部で187回。マナ減少量は187×556で、103972マナという結果でした。Draenic Channeled Mana Potion2本分マナがお得になった計算です。

gories.jpg

まだ倒してないけど、heroic gorefiendのlogだと、253castで140668マナ減少したという結果になりました。Draenic Channeled Mana Potionが3本弱といったところ。castをいっぱいしなくちゃいけない、ヒールが忙しいボス戦になればなるほど、このトリンケットの効果が強くなりそうな印象です。

これは、この先のヒールが難しいボスの攻略ですごく役に立ってくれそうな気がします。



reghas.jpg

どれだけ沢山スキルを使えるかがトリンケットのマナコスト減少効果に影響するので、castの長いスキルよりもinstantスキルをたくさん使ったほうが、トリンケットの効果を最大限活用できそう。healing touch連打より、rejuvenation連打のほうがいい感じ。life bloomの付け替えも、マナコストを気にせずに、気軽にポンポン出来るようになりそうなので、t18のdruidのセット効果とも相性がいい気がします。

時間あたりのcast数を多くする、instantスキルをスパムするということで、スキルを使った後に次のスキルが使えるようになるまでのGCD(グローバルクールダウン)を短くするhasteも重要になると思います。GCDはhasteが0の場合は1.5秒に設定されていて、hasteの値によって1秒にまで短縮されていきます。

なので、instantスキルのrejuvenationであっても、regrowthみたいな1.5秒のキャストヒールと、時間当たりに打てる回数は同じだったりします。ちなみに、現在のhasteでどれだけGCDが短縮されているかは、1.5秒castのスキルが何秒でcast完了するかを見てみるとわかりやすいです。



mureka.jpg

ちなみにkumakitiの現在の装備はhaste19.31%ででGCDは1.26秒。というわけで、GCDのたびにきっちりスキルを使うことが出来れば、1秒当たり441マナお得で、頑張ってスキルを使えばけっこうマナが浮くことになりそう。incombat状態でrejuvenationをずっと連打してみると、マナの減りがぜんぜん違います。かかし相手にどれくらい連打したらマナ切れになるのかなーって頑張ってみたんですが、あまりにも減りが遅すぎて、途中で止めちゃいました。

kosuto.jpg

tree of lifeの効果時間内ならrejuvのコストが30%割引されるので、スキル連打しているはずなのに、さらにマナの減りが遅くなりました。これは今以上にspirit稼げるようになったら、常時rejuv連打しててもマナが回復するようになることも、夢じゃないかもしれません。

spisan.jpg

1489spiで5秒間に6268マナ回復するらしいので、1spiあたりの毎秒マナ回復量は0.84mana/spi sec。rejuvは2468マナで1.26GCDなので毎秒マナ消費量は1958mana/sec、ToL中は1728マナなので1371mana/sec。というわけでrejuv連打でマナがなくならないようにするためには2330spirit、ToL効果時間内ならなら1632spirit必要っぽいです。

spirit2330となると結構遠い気がするけど、1632なら射程圏内。マントをspi付きのものにして、trinketをspiがいっぱいついているleechのやつに変えるだけで達成できそうな感じ。ラグやらなんやらで実際のボス戦ではあんまりあてにはなりませんが、一応こんな感じです。よーし、サイコロ頑張っちゃうもんねー!



マナのところばっかりに目が行ってしまいましたが、このトリンケットはintとhasteもついているので、トータルの性能はかなり強いと思います。resto druはhasteとの相性が抜群にいいというのもあって、他のどのクラスよりもこのトリンケットの性能を引き出すことができると思っています。というわけで、これからの活躍ぶりに期待ですな。


 


category: Restoration Druid/考察みたいな

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。