Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Druidタレント名鑑 

 

dtme.jpg

ヒール特性が大きく変わる面白タレント目白押し。

 
 
60タレント

Soul of the Forest。
swiftmendを使った後、ヒールスキルが強化されるタレント。throughput重視にしたいときに選ぶといい感じ。だいたいマナコストの高いwild growthのために使うので、マナ切れが心配されるけれど、そのかわり50%も多くヒールできるようになる。

Incarnation: Tree of Life。
アフロみたいな、ブロッコリーみたいな、大きな木に変身するスキル。ヒールが通常の120%に強化されるほか、rejuvのマナコストが下がったり、regrowthがインスタントになったり、wildgrowthが2人多くヒールできるようになるスキル。そして果てしなくカワエエ。Soul of the Forestに比べて、throughputは劣るけれど、バーストヒールが必要なときに活躍するスキル。regrowthがインスタントになるので、移動しながらのヒールにも強くなる。

Force of Nature。
いまんとこ、いらない子。



90タレント

Heart of the Wild。
6分cd、45秒有効、ヒール量35%アップの自己強化スキル。バーストヒールを強化したいときに選ぶ。ヒールのほかに各種dpsスキルの威力も上がるので、攻撃してギミックをクリアしなくちゃいけないときに選んだりもする。

Dream of Cenarius。
Wrathのダメージを20%上昇させ、Wrathで与えたダメージの150%分、近くの味方をヒールする。ダメージが少ない時間が長く続くときに選ぶ。wrathを使っている間は、マナがかなり節約できるので、マナ管理の助けにもなる。ヒール量は少ないので、ダメージが痛くてヒールが追いつかない時は選ばない。

Nature's Vigil。
90秒cd、30秒有効、単体ヒールのヒール量の20%を他のメンバーも回復するスキル。HotWよりもcdと威力のひかえめなバーストヒールスキル。ちょくちょく痛いダメージが来るときに選ぶ。



100タレント

Moment of Clarity。
clearcastingが、7秒間ずっと持続するようになる。できるだけたくさんregrowthを打つ。hotがあまり役に立たず、ダイレクトヒールのregrowthの方がパフォーマンスの良い場合に選ぶ。tree of lifeと一緒にとると、移動しながらのヒールでマナコストが楽になる。clearcastingの発生は、ランダムで確実性に欠けるので、弱冠不安ではある。

Germination。
rejuvnationの効果時間が3秒延びて、同じ対象に同時に2つまでrejuvを使えるようになる。1番無難な選択。rejuvは割とオーバーヒールして無駄になりやすいので、調子に乗って使いすぎるとマナが無くなって酷い目にあうので注意。

Rampant Growth。
swiftmendのcdがなくなるかわりに、swiftmendを使うとrejuvやregrowthのhotが消えてなくなる。rejuv、regの両方のhotがあった場合は、regrwothのhotだけが無くなる。なので、glyph of regrowthを使用せず、rejuvのhotが消えないようにして使うとロスが少なくなる。60タレントのSoul of the Forestと一緒にとると効果的。



meikan2.jpg

おすすめの組み合わせ。

オーソドックスどる。
Incarnation: Tree of Life / Nature's Vigil / Germination
とりあえず迷ったらこれ。1番無難な感じで、可もなく不可もなく、全てのエンカウントで活躍できる万能型。tranq、ToL、NVのローテで、1分ごとにCDスキルが使えるので、抜群の安定感を誇る。初めて挑戦するボスでとりあえず感触を確かめて、そこからヒールの方向性を考えるとワクワクする。

ドルメントどる。
Soul of the Forest / Dream of Cenarius / Rampant Growth
discのatonementのごとくwrathを撃ってヒールしていくスタイル。適当にhotをまいておいてwrathwrathwrath。レイドダメージがきたら、swiftmend+wildgrowthでヒール。wrathの使いすぎでマナがあまってきたらswiftmend+rejuvかregrowthでヒールしていく。ダメージがそんなに多くなかったり、たまにレイドダメージが来るだけで暇なときは、この組み合わせでヒールすると楽しい。

リグロどる。
Incarnation: Tree of Life / Heart of the Wild / Moment of Clarity
regrowthをメインにヒールしていくスタイル。サステインダメージが無くて、スパイクダメージばかり来てhotが役に立たず辛いときに活躍する、新しいdruidスタイル。paladin並にダイレクトヒールに強くなる。Heart of the Wildはバーストヒールがそんなに必要そうじゃなかったら、Nature's Vigilに変更してみてもよさそう。

スループットどる。
Soul of the Forest / Nature's Vigil / Rampant Growth
マナコスト度返し、とにかくHPSを上げてヒールしていくスタイル。throughput重視なので、ずっとダメージの多いボスで大活躍するはずである。いかんせん今のkumakitiの装備では、どう考えてもマナが足りないので、これからの装備の揃い方次第で検討していきたいスタイル。Rampant GrowthのかわりにGerminationでもそれなりにヒール量は確保できるので、装備のわりにhpsが出て褒められたりする。嬉しい :)



タレントスキルの組み合わせは、2*3*3で18通り。それぞれ微妙に違って面白い。ここからさらにヒールスキルの使い方や、ヒール対象、マナ管理なんかを考えて遊ぶと、なかなか奥が深くて味わい深い。

restoration druidは覚えるのがとっても簡単で、とっつきやすいスキルがたくさん揃っているけれど、極めようと思ったら他のどのヒールクラスよりも複雑で面白いクラスなんじゃないかと思います。

druかわいいよdru :)
 

 


category: Restoration Druid/考察みたいな

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。