Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

さようならhealing touchさん。 

 

greg.jpg

あんまり使いたくなかったglyph of regrowth。

 
 
私がヒーラーを面白いと思っている要素の一つに、状況に合わせた最適なスキルの選択というのがあります。これが結構、私の中で大きな割合を占めていたりいなかったりします。

例えば、次に来るであろうダメージまでの間にまだ時間的余裕があったら、regrowthをつかわずにrejuvだけで乗り切ったり、healing touchで済ませたりする感じ。なんでもかんでもrejuvじゃなくて、hotがだいぶ無駄になりそうなら、healing touchだけで済ましておくとか。そういうのです。

でglyph of regrowthを使ってしまうと、healing touchよりもregrowthが、ヒール量、キャスト時間、コスト面全てにおいて優位に立ってしまって、完全にhealing touchが不要なスキルになってしまうんです。

なんでもかんでもregrowth。まさにこんな感じ。状況に合わせてregとhtを使い分けてヒールして楽しんでいたのに、まさかのリストラhealing touchさん。WoDの拡張が来て、lifebloomの対象にhealing touchを使うと、critが20%上昇するというバフをもらっても、この状況は覆りませんでした。いとかなし。

でもね、思うの。好きだの嫌いだのでヒールするなんて言ってたら、ただの足手まといの床掃除係でしかなくなっちゃうって。人生イロイロ男もイロイロ、resto druだってイロイロ咲き乱れるんだゼ☆ということで、ここらでいっちょ、glyph of regrowthを導入してみようと思います。



butyae.jpg

さてさて、リーダーがあげてくださったlogをみてみると、くまきちのヒールはこんな感じでした。socrethar the eternal戦のlogなんですが、healing touchをlifebloomの対象をメインに使ってみたので、healing touchのcritだけ弱冠おおめになっております。それでも1castあたりのheal量的には大差がありません。ここにglyph of regrowthをいれてみると、regのcritが100%になるので、1castあたりのheal量がかなり増えるんじゃないかと予想しております。このグリフのすごいところは、multistrikesの分まで全部critになるところなので、けっこういい結果になるんじゃなかろうかと思います。



せっかくなので、talentも見直してみようと思います。目をつけたのは、100talentのmoment of clarityです。このtalentを選択するとlifebloomで発生するclearcastingが、15秒間持続するが1度消費してしまうと消えてしまっていたものが、7秒間持続し続けるようになります。7秒間はregrowthが無料で打ち放題になるというわけです。regrowthは1.5sec castなので頑張って4回は使いたいところ。連打力が試されます。まさに超エキサイティンなわけです。

さらにグリフを入れた場合、regは100%critするので、living seedを確実に植えつけることも可能になります。regを特別だれも必要としていない場合は、とりあえずタンクに連打しておけば間違いなさそうです。

さらにさらに、t18が4set揃った暁には、lifebloomを同時に2人まで付与することが出来るようになるので、clearcastingが発生するチャンスが従来の2倍にまで膨らみます。まさに夢が広がリングな状態なわけです。これは、今から練習しておけば、大活躍間違い無しの可能性大なのであります。

いまこそ、resto dru黄金時代を築くとき。がんばりますよ、わしゃー!



心配事といえば、regrowthのマナコスト自体が下がるわけではないので、調子に乗ってバンバン使ってマナが切れてしまうこと。グリフを入れるとregのおまけについてきていたhotがなくなっちゃうので、swiftmendが少々使いづらくなってしまうこと。そして、一番の心配事は、100talentのgerminationが使えなくなってしまうこと。germinationはrejuvの効果時間を3秒延長してくれるほか、同じ対象に2つまでrejuvを重ねがけできるようになります。hotが大活躍するようなボス戦では、いまいち魅力に欠けるかもしれません。

逆に言えば、hotがいまいちパッとしないエンカウントでは、大活躍間違い無しなんじゃないかと、ときめいちゃいます。



hidarikara.jpg

とりあえず、次のボス戦でお試ししてみよーっと。


 


category: Restoration Druid/考察みたいな

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。