Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

数字出るのが楽しいというのはある意味正しい 

 

kazari.jpg

ヒーラーやってて何が楽しいのかというお話。

 
 
isoge.jpg

wowのヒーラーには5クラス6スペックあります。それぞれのスペックには、クラス特有の特徴があって、得意なことや不得意なことがぜんぜん違います。

私がヒーラーをやっていて楽しいと思うのは、ボス攻略中に刻々と変化していく状況に合わせて、マナ残量と相談しつつ、臨機応変に最適なスキルを選択していくというところです。

dpsやtankは、ボスの特徴に合わせて、毎回最適な答えというのが決まっておるのですが、ヒーラーはボスの特徴のほかに、レイドメンバーの動きやちょっとしたミスによって、毎pull違った状況が生まれるので、毎回違った動きが要求されて面白いのです。



hayaku.jpg

最適なスキルを選択していく、この繰り返しがヒール量に直結していくわけで、ヒールの数字が出るということは、それだけ最適な行動ができている、レイドに貢献できているという一つの指標になるわけです。

先日ヒールの数字が出るのが楽しい人もいるよね、というお話があったのですが、ある意味正しいと思うのですが真理ではないと思うのです。

数字が出るから楽しいというよりは、最適なヒールを提供して、レイドに貢献できている。他のプレイヤーを助けることができているから楽しいのであって、それを目に見えるデータとして知ることができるのがヒール量という位置づけなのです。



dasyutu.jpg

なので、どんなに最適な行動を繰り返して、自分のクラスのもてる全てを出し切ってヒールをしているのに、ヒール量が出ていないと、すごくがっかりするのです。

なんか自分、役に立っていないなー。これじゃあただのお荷物だなーってがっかりしちゃうのです。

数字が出ていないから楽しくないではなくて、レイドであんまり活躍できていないと思うからがっかりしちゃうのです。



discbrfop.jpg

何が言いたいのかといいますと、discがopすぎてつまんないというところに落ち着いちゃうのです。absorbが強すぎて、disc以外のクラスで遊んでいてもあんまり活躍できないんですよね。

こういう話をすると、discはそんなにopじゃないよとか、ヒールクラスはバランスいいよみたいな話が飛んでくるんですが、いつもdisc以外まともに触ったこと無いんじゃないかと思ってしまいます。そんなに言うならholyとかdruとかつかって、discと同じくらい活躍してみてほしいものです。

holyやってみては?というと、練習してないからとかスキルがよくわからないからと拒否されたりするのですが、そういう次元の差じゃないんですよね。習熟いかんで覆るような差ならopop騒いだりしませんもの。。。



sateto.jpg

じゃあ私がop discやればいいんじゃないとか思ったりもするのですが、discのヒールってどんなときでもpw:s連打が最適な選択なので、めちゃくちゃ強いけれどもあんまり楽しくないので遠慮したいのです。ただでさえdiscプレイヤーが多くて、窮屈で非効率的な複数discがいるレイドに、これ以上discを増やしても迷惑なだけですしね。



というわけで、次のレイドでは、ぜひともdisc以外のヒールクラスが活躍できるようにしていただきたいと、切に願うのであります。



なんか、新しいレイドがオープンする度に、こんなこと言ってる気がするのですが、要はそういうことなのであります。打倒お手軽最強op disc様なのであります。
 

 


category: たわいもないこと

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。