Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

念願の2セットゲット 

 

222.jpg
 
とうとうそろいましたセット装備。

 
 
r2r.jpg
 
まだ2セットだけなのですが、セット装備をゲットすることができました。英語でセット装備のボーナス効果が書かれていたのですが、あんまりよくわかんなかったので、カカシ相手にちょっと試しうちをしてみることに。

monk healの2セット効果には2種類ありまして、craneスタンス中に溜めたvital mistsのバフを5つ消費するごとに追加で1chiおまけでもらえるという効果と、soothing mistを使用するたびにmulti strikeが5%アップするという効果があります。

vital mistsのおまけでもらえるchiのほうは、前ちょっと書いたのですが、スタンスをチェンジしていても引き継いでくれるようで一安心です。とりあえずcraneスタンスでchiを消費しつつ、vital mistsのスタックを溜めて、おまけのchiをいっぱいもらえるようにローテーションを工夫するとよさそうです。



aaa.jpg

soothing mistのほうは、castするたびにmulti strikeが5%アップするとあったのですが、これはどうやらチャネリングしている間中、1 tickごとに5%ずつmulti strikeの数値が上昇していく仕組みのようです。のすけのそうびでは、soothing mistを最後までチャネリングしていると7tick分ヒールしてくれるので、最後は35%までmultistrikeが上昇しました。

バフの名前はmistweavingで、soothing mistをつなげている間だけ持続するようです。surging mistやenveloping mistやchi explosionは、soothing mist使用中につかえるので、multistrikeバフを有効活用するとヒール量が上がると思います。さらに他のヒールスペルを使った後に、とりあえずsoothing mistを使用すると、soothing mist使用中に残っているhot系スキルのヒール量も、multistrikeバフの影響を受けるので、ヒール量をあげることができると思います。

さらに、インスタントで使用できるスキルもこのバフの影響を受けるのではないかと思いました。

たとえば、multistrikeのバフが7スタックたまって35%上昇している瞬間にrenewing mistをつかうと、multistrike上昇分、CDも解消してくれているような気がしました。確率ですので、その通りいくとは限りませんし、私の思い過ごしかもしれません。ですがsoothing mist使用中、multistrikeバフがある状態でrenewing mistを使うと、いつもより頻繁にcdが解消されているように感じたのです。

ということはrevivalを使うときにも、このバフを有効活用することでrevivalのヒール量も上げることが出来るかもしれません。revivalを使う前にsoothing mistでmistweavingを7スタックさせておいて、タイミングよくrevivalを使うことで、35%multistrikeを上乗せしてヒールできるんじゃないかなと思います。



 


category: Mistweaver Monk/のすけ<3

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。