Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ホーリーベル 

 

hbd.jpg

(holy priを)どげんかせんといかん。

 
 
最近までholy priをやっていた方が、急遽disc priに変更されたのですが、holyのときはのすけと同じくらいのヒール量だったのが、discに変えた途端雲の上の存在になられあそばされてしまいまして、holy priがそんなにアレなのかと、ちょっと悲しくなってしまったのです。

でもね、wodにはいってから、holy priestも結構頑張っていると思うのよ。mopのときは、劣化palのdruの劣化版くらいにしか思われていなかったとかどうとかで、散々辛酸をなめたようなのですが、wodになって、discがちょっと弱体化されてhasteがちょっと強化されたことを受けて、けっこう息を吹き返してきたんじゃないかと思うのです。

というわけで今回は、うちのdisc様のBëllたんにちょっとholyになってもらって、lfrで遊んでみようと思います。



holy priの強みといえば、チャクラカラーを変えることで、ヒール特性を自在にコントロールできるところ。黄色のときは単体ヒール、青色のときはレイドヒールのパフォーマンスが上昇します。一緒にいるpalやdisc様が頼りないときは、黄色でタンクヒールをお手伝い。一緒にいるdruやshamが頼りないときは、青色でレイドヒールを頑張る。どっちも頼れるイケメンなら、状況にあわせていろいろ遊べそうです。

今回の拡張で、このチャクラの効果がシンプルになって、チャクラ変更のCDが10秒に短縮されたことで、割りと頻繁にチャクラカラーを変えることが出来るようになりました。この利点をいかして、頑張ってみようと思います。



talentori.jpg

talentとglyphはこんな感じ。

talentのPower Infusion は、cdスキルがちょっと少なめで頼りないholy priに、強力なcdスキルを一個追加してくれるのでお勧めです。ここぞという場面で使って、disc様をアッといわせられそう。

Words of Mendingは、10回ヒールするごとにprayer of menindのおまけがつくtalent。無料でヒールできるので、なんかオトクな気がする。有効活用できるように、10回目のヒールは、ダメージを良く受けるタンクやのすけにつけてあげるとよさそう。

glyphのrenewは、1tickごとの回復量が増えますが効果時間が短くなってしまいます。でも黄色にしておけば効果時間を自由に延長できますし、回復速度が速くなるのでお勧めです。

binding healは、マナコストと増えるヒール量を比較して、なんだかお得そうだったので入れてみました。



私にholy priを教えてくれたお師匠様が言うには、まずボス戦が始まる前は黄色にしておくといいとのこと。ボス戦が始まってすぐにレイドダメージがくることはまずなくて、タンクにぼちぼちダメージが来るだけのことが多いからなんだそう。

そして開戦後、レイドダメージが来るタイミングで青色に変えます。lfrは25人ですし、mythicは20人ですので、特別黄色に変える必要がない場合は、このまま青色でボス戦終了まで通してもいいのですが、せっかくカラーを頻繁に変えられるようになったのですから、遊ばないともったいないです。

レイドダメージが終って、次のレイドダメージが来るまで、結構時間がある場合は黄色にしてしまっていいと思います。また、タンクのダメージが大変そうなときも、レイドヒールは他のクラスに任せて、黄色に変更してシングルヒールを頑張ると、なんか活躍できている気がします。



ikanimoe.jpg

黄色のときに使えるようになるHoly Word: Serenityは、対象にかけたヒールがcritする確率が増える効果。タンクや、これからいっぱいダメージを受けそうな相手にかけてあげるとよさそう。単体ヒールを使うと、対象にかかっているrenewの効果時間が更新されるので、タイマーを見て、必要そうならどんどん更新するとマナがオトク。

青色のときに使えるようになるHoly Word: Sanctuaryは、地面に設置するタイプの範囲ヒール。効果時間は長いけれども、ヒール量は少ないし、置きなおすまでに結構な時間がかかるので、使いづらい場面も多いけど、先を見通して最適な場所におけると、けっこういい感じ。見た目も派手で、いかにもヒールしてますって感じがイイ。しかも、設置している間に黄色チャクラに変えても効果は持続するので、途中で変更したいときにとりあえず置いておくといいかもしれません。



Prayer of HealingとCircle of Healingについて。回復量は同じくらいだし、効果も結構似ているけれどぜんぜん違うのです。
PoHはキャストが必要7%もマナを使うし、同じグループの人にしか効果を発揮しない。でもCDがなくて、いつでも使える。
CoHはキャストが不要3.5%しかマナを使わないし、違うグループの人にも効果を発揮する。でもCDがある。
なので、できるだけCDを無視して、安くて柔軟にヒールしてくれるCoHを使いたいから、レイドヒールが必要なときは青色チャクラでヒールできるとよさそう。



flash healかbinding healをつかうとSerendipityというバフが2つまでたまります。このバフがたまった状態でhealかprayer of healingをつかうと、キャスト時間が大幅に短縮されるので、緊急ヒールが必要なときにとっても便利。このバフを利用して、タンクを緊急ヒールをするときは、

Holy Word: Serenity
flash heal
flash heal
heal

の順番でヒールすると、いっぱいヒールできて安心です。その代わりマナの消費が激しいので、できればやらずに済むように、事前に他のヒールで体力を安定させられるようにすると良いと思います。



tyotoho.jpg

大体こんな感じで、ホーリーベルやってみよう!



 


category: Holy Priest/チャクラ宙返り

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。