Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

作戦名みどりは触るな! 

 

iitoko.jpg
 
ヒール担当をいじったら、だいぶうまいこと行くようになりました。

 
 
kekkou.jpg

今回大きく変わったのは、キノコヒールの担当を変わってもらったことです。結構戦闘をながもちさせることが出来るようになって、19%くらいまで削ることが出来るようになりました。

前回までは、緑と青の両方のキノコヒールを担当していたのですが、どうやら私がぽちぽちヒールを入れるせいで、起動するタイミングがなかなか上手くいかったんだそう。キノコのスイッチをオンにしたときから、どんどんキノコがしおれていって、維持するのが大変になるので、敵の攻撃に合わせてタイミングよくオンにするのが大切なんだそうで、まぁ、難しいことは置いておいて、わたしのヒールが邪魔になっていたようです。

というわけで、緑のほうはほかのヒーラーさんにお任せして、青キノコ専属ヒーラーということになりました。



tank.jpg

そこで問題が発生します。いままで2つのキノコをヒールしていたのに、仕事が半分になり暇になってしまいました

えー、なにしよーと、あたりをきょろきょろしていたら、tank healがけっこう面白そうなことになっていたのでお手伝いしてみることにしました。いままで、なんかポンポン床ペロしていたtank heal。なんだか大変そうだなーと思っていたのですが、私も参加することで、だいぶ安定するようになりました。

それから、AEのタイミングで青キノコの体力に余裕があるときは、キノコのヒールをする代わりに、レイドヒールのためにリソースを割くこともできるようになりました。



tenya.jpg

いままで2つのキノコを、ぺぺーって適当にヒールしていただけだったのに、いきなり仕事が増えて、てんやわんやしておりましたら、担当変わって大丈夫ー?とお声をかけていただきまして、これがイケメン力というやつなのか!となんか良くわかんないことを心の中で叫びながら、平静を装いつつ大丈夫ですよーとお返事したのですが、嬉しさのあまり感動していたのは、ここだけの秘密です。

というわけで、私の周りにはイケメンヒーラーがわんさかいるので、攻略できるようになるのも時間の問題だと思われます。


 


category: ギルドの方々との交流

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。