Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

おもにhealが足りてない。 

 

yappari.jpg

最高効率をもとめなくちゃいけないのはDPSだけじゃないんですよ。

 
 
omoni.jpg

絶賛キノさんtry真っ最中ののすけ。でも、連日のtry続きでみなさんちょっと疲れているということで、お休みをいただきました。せっかくなので、レイダー御用達のwarcraftlogsのログを参照して、次回tryの参考になればいいなと思います。

さいきんみつけた面白い検索方法に、レイドの構成で攻略できたギルドを検索するというものがあります。サイト上部の該当タブをクリックして、見たいボスをまずは選択します。このときその右にあるランキングやステイタスのボタンじゃなくて、ボスの名前のところをクリックしてください。そして右上にある、サーチファイトボタンを押します。



kensaku.jpg

すると、レイド構成をいろいろと調節して、チームのすけーずと同じような構成で勝利したギルドを検索することができます。今回は、3tank 5heal構成で、op disc様と、のすけのmistweaverがいるギルドを検索してみます。

imanotoko_201501132159504d8.jpg

なんでdisc様とmonk healだけで検索したのかというと、いまのとこチームのすけーずと同じtank/heal構成で攻略できたギルドは1つもありませんという結果が出たからです。これは結構骨が折れそうですな。



hinitijun.jpg

そして、でてきた検索結果から、さらにクリア日にち順に並べ替えます。そして、いちばん最近攻略できたギルドを参考にしてみようと思います。こうすることで、チームのすけーずと同じくらいの攻略レベルのギルドが簡単に見つかるようになります。クリア日にちが早いほうが、より廃レベルに攻略していると考えられるからです。



hoe2.jpg

そして出てきたギルドのhealを見てみます。

hoe3.jpg

さらにキノコの延命状況。


hoe.jpg

ちなみに、チームのすけーずのhealはこんな感じ。まだ攻略できてはいませんが、最近のログから一番戦闘時間を引き伸ばせたものを選択しました。

一番の違いは、それぞれのヒーラーが自クラスの得意な仕事を徹底してやっているということ。あとキノコの延命時間。それから、tank構成がちょっと不利っぽいのでその分ヒーラーが頑張らないといけないみたい。



opopd.jpg

ヒーラーはぜんぶで5クラス6スペックあります。そのどれもが得意な仕事と不得意な仕事を持っていて、パワーバランスはお手軽最強disc様を除いて一応バランスがとれています。resto shamはちょっと特殊でスコアやhpsは低いですが、ピンチの時にはめっぽう強いです。全部のヒーラーを触ったことがなくて、いまいちぴんとこない場合は、こちらのサイトで、ヒーラーについて面白い比較がなされていたので、紹介しておこうと思います。

healiocentric様のChoosing a Healing Classという記事です。
https://healiocentric.wordpress.com/healing-guides/choosing-a-healing-class/



これから、キノさんの攻略をすすめていくにあたって、まず当面の課題は、戦闘をとりあえずenrageまで引き延ばすことが肝心だと思います。現在の状況を鑑みるに、途中でヒールが足りずにワイプという状況が多く、十分な練習時間をぜんぜんとることが出来ていません。ほとんど全滅してからボス部屋に戻る時間に費やしているといってもいいと思います。

今回のボスは、これまで倒したかーくんや2pのように、立ち回りだけが要求されるボスではなく、ヒーラーがそれぞれのクラスの強みを自覚して、性能を最大限発揮することが求められているのではないかと思っています。のすけのいるギルドは、カジュアルギルドではなく、mythic raidを攻略していこうというレイドギルドなので、遊んで楽しいばっかりじゃなくて、自クラスでどれだけ数字を出すことができるかも、とっても重要な課題になっていると思うのです。

私がSoO heroicを始めた時期は、ボスが弱体化され、装備もアップグレードし放題で、さらにはop disc様を使っていたこともあって、適当にdpsしてsprit shellをcdのたびに使うだけで、あほみたいにヒールできていた時期でした。でもいまは弱体化も装備の強化もない状況で1からのスタート、要求される数字もSoOの頃に比べてとっても多くなっていると思うのです。



自クラスを最適化して、最高の数字をたたき出すのはdpsの仕事であるとは良く聞くのですが、ことヒーラーに関してはそういう話はあまり表立ってされません。レイドの構成的にヒーラーの数はとても少ないですし、それぞれのクラスの強みを最大限に生かすために、同じクラスのヒーラーが複数いるということはあまり歓迎されることではありません。それゆえに、自キャラがそのクラスでどれだけ最適なパフォーマンスをだせているかが、あまり目に見えて実感するということが難しいという側面もあります。

でも私は思うのです。dps以上に最適化を要求されるのはヒーラーなのではないかと。今受けているダメージ、次にくるであろう攻撃によるダメージ、誰かのミスで突発的にきたダメージ、その全てに自クラスに与えられたスキルの中から最適なものを瞬時に選び出し、いかに無駄を抑えて効率よくヒールしていくか、この一連の最適化はdpsをプレイしているときよりもずっと複雑だと思います。さらにヒーラーは自分だけではありません。他のヒールクラスの強みと弱みを理解して、自分が頑張らなければならない局面や、自分はある程度マナを温存して、現状に対して強いクラスに頑張ってもらうなど、無言のチームワークが要求されたりもします。

最適化のつみかさねが最終的にhealingdoneという数字の結果につながるんだと思います。あくまで大事なのは、自クラス間での比較であって、他クラス、特にop disc様とは比べてはいけません。悲しくなってしまいます。

無駄に長い文章で、偉そうに言っている私ですが、おなじmistweaverで、私より低いアイテムレベルなのに私なんかよりずっといっぱいヒールして活躍しているプレイヤーは、それこそ星の数ほどいるのです。まだまだぜんぜんhealを頑張れていないわけで、もっとスキルの使い方を最適化して、ごいんごいん減るhealthを安定させていけたらいいなと思います。



あとキノコ。緑のキノコをも少し頑張ったら、tankもも少し安定するんじゃないかしら。



それと3分cd。キノコに関係なく1分ごとにくるAEにあわせて使っていったらいいんじゃないかしら。revival→tide→hymn+foxくらいの感じで。revivalが最初なのは、わたしが覚えているうちに使いたいからです!



あとdecay。インタラプトはヒーラーも出来るのでアサイン組み込んじゃっていいんじゃないかしら。1castに2dps2healずつアサインするとだいぶ安定しそう。ヒーラーのインタラプトは今回のheroic 5manでだいぶ鍛えられているから、けっこういいと思うんですよねー。でもちゃんと止められる自信がないから、こっそりインタラプトするようにしよう。そうしよう。



というわけで、開幕2分でワイプばっかりでゴメンナサイという反省文をかねての日記でした。



  


category: ギルドの方々との交流

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。