Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

No capes ! 

 

dou.jpg

Do you remember Thunderhead ?

 
 


最近は、ぼちぼちノーマルとヒロイックレイドを遊んでおります。そこでついさっき、かっこいいマントをもらったのですが、これがなかなかどうして似合っております。でもひとつだけ、心配なことがあるのです。

私の好きな映画のひとつに、Mr.インクレディブルという作品があるのですが、そこに出てくるスーパーヒーローコスチューム専門のプロフェッショナルのエドナさんが、しきりにこう言うのです。

No Capes !

なんでも、マントをつけていると、どんなスーパーヒーローでも危険が危ないんだそうで、のすけもいつか酷い目にあうんじゃないかと心配なわけです。

でもね、このマント、宝石をつける穴があいていたり、コスチュームのカラーにマッチしているし、なによりくびれのあるデザインが着痩せ効果を発揮してくれるんですよ。ちょっとふっくらしすぎた、のすけボディもこれでちょっとはスッキリ見えるんじゃないかと思うのです。



kirari.jpg

それから、新しくキラキラスタッフもゲット。こちらはnormal品なのでアイテムレベルは低いですが、monk healerにとって最適な杖ということで、なかなか良い品なんだそう。そしてなにより、キラキラがめっちゃゴージャス。背中に担いだまま走ると、シャランラーって感じで光の粒が粉雪のようにちらちら舞うんですよ。これがなんか素敵なのです。



koukyuu.jpg

そして、良い杖を装備するにあたって、ちょっと高級なエンチャントをつけてみることにしてみました。こんどのエンチャントは武器の色があわいブルーの光に包まれるよう。前使っていた紫のエンチャントより、格段に雰囲気が良いです。healerっぽいかどうかといわれれば、微妙な気もしますが、紫よりは断然いい感じ。



650tokane.jpg

アイテムレベルもやっとこさ650代に突入することが出来ました。いままでhealerのなかでも640代でぽつんとしていて、ダメージシェアでひとりだけ床ペロしたり、ちょっとした攻撃でひとりだけ瀕死になっていたり、heal量もいまいちぱっとしなかったのですけれども、これで他の人と同じくらいには活躍できるようになりそうです。

装備もらっちゃったからには、数字分のお仕事だけはきっちりこなしていきたいですな。


 


category: たわいもないこと

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。