Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

monk healのためのHighmaulメモ 

 

hmemo.jpg

ノーマル完走記念にメモしておこう。


 
 
brade.jpg

Kargath Bladefist(かーくん)

kuma.jpg

Impaleがtankにきたらコクーン。くまちゃんがimpaleされたら、めちゃくちゃカワエエので、隙をみつけてスクショボタンを連打。

Blade Danceがきたらrenewing mistをばらまいて、uplift。

ワープ用の分身を、炎のスプリンクラーの後ろに待機させておくと、ちょっとだけ幸せになれそう。




buttya_20141213164400264.jpg

The Butcher(ぶっちゃん)

cleave攻撃でもらうGushing Woundsというデバフのスタック数を見えるように設定しておく。4スタックごとにcleaveダメージを受けるメンバーがゴロッと変わるので、renewing mistをつけるのがけっこう大変。事前にダメージを受けるメンバーを把握しておいて、renwing mistをかけなおす準備をしておく。talentのpool of mistが大活躍。

tank healは2人のtankが同時にダメージを受け続けるので、soothing mistとsurging mistで片方をヒールしつつたまったchiでもう片方のtankにenveloping msitをつける。

tank healとmelee healの両方をするにはchiとmanaがたりないので、他のhealerの構成を見て、大変そうなほうをメインに頑張る。のすけのまわりにはpalが多いので、tank healはまかせて、melee healをメインにやってます。




kinokono.jpg

Brackenspore(きのさん)

いいキノコを頑張ってhealする。ほかは適当。Living Mushroomsが緑のキノコでhealしてくれるほうで、Rejuvenating Mushroomsが青いキノコでmanaとhasteを助けてくれるほう。

resto dru歴が長いと、rejuvキノコがhealしてくれる方な気がして仕方ないから注意する。

Rejuvenating Mushroomsがmanaを回復してくれるので、ばんばんスキルをまわせる。tank healもraid healもだいたいぜんぶキノコがやってくれるので、monkはsurging mistとenveloping mistをがんがんキノコに使っていく。raid healはRushing Jade Windと、Breath of the Serpentと、revivalで頑張る。どうしてもtankが落ちそうならtank healもやる。出来る限りキノコを生存させる感じにすると、いい感じ。

というわけで、talentはRushing Jade Windと、Breath of the Serpentがお勧め。

nekoma.jpg

あと、砂浜を歩くと足跡が残るので、ネコちゃんマウントが超お勧め。




tekuteku.jpg

Tectus(てくちゃん)

赤いもやもやを頑張って避ける。

Tectonic Upheavalがきたら、全体にダメージがはいるので、事前にrenewing mistをばら撒いておく。

たまに出現する岩山にターゲットが隠れてしまうと、視界を得ることが出来ずにhealが届かなかったりする。でも、monk healはmelee属性なので赤いもやもやのターゲットにされる事はなく、ステージ上のどこに陣取っていても比較的安全。この利点を生かして、healthが低くなりそうなメンバーにhealが届くような場所に陣取るとイイ感じ。

bosa_20141213172243303.jpg

ステージ真ん中でボサッと突っ立っていてもたぶん大丈夫




hutagokyo.jpg

Twin Ogron(2P)

頑張って火を避ける。ワープ用の分身をちょっと離れたところにおいておくと、避けるのが少しだけ楽になりそう。

Interrupting Shout でキャストが止められちゃうので注意。

Pulverizeで岩が落ちてきたり、Quakeで全体攻撃がくるので、renewing mistをばらまいておく。

Whirlwind のときにtankが遠くに離れてhealが届かないことがあるので、melee healerの利点を生かして、ステージ中央よりにボサッとつったているとイイかもしれない。たまにtankの巻き添えをもらって床ペロするから要注意。

ボスの名前がPolとPhemosだから、あだなは2P(にぴー)




kokakoran.jpg

Ko'ragh(こかこーら)

Expel Magic: Fireは散開する。むやみにdispelしない。

Nullification BarrierをもらいにDPSがボスに近づいたら、life cocoon。

Expel Magic: Shadowでrevival。

オバケの雑魚が出てきたら、tankの被ダメ大変なので、silenceの魔方陣のうえでtalentのCharging Ox Waveを飛ばしてstunさせてあげるとよさそう。Leg Sweepは、近づかないといけないので、うっかり魔方陣に乗ってしまったり、移動のせいでheal出来なかったりして不便なので、ox waveのほうがおすすめ。

Suppression Fieldを頑張って避ける。meleeはターゲットにされないみたいなので、避けるのが苦手なら、あえて最初からrangedとは別の場所に陣取ってみる。Expel Magic: Fireのときに散開しないといけないので、healが届かなくなることもありそうだから、他のmeleeみたいにステージ中央よりに陣取ってみるのもよさそう。

1度でいいから、Expel Magic: Fireをrevivalでdispelしてみたい。





tankbokan2.jpg

Imperator Mar'gok(tankぼかん)

Force Novaは、ボスに向かって避けると被ダメが少なくなる様子。なのでChi Torpedoで避けながらhealすると一石二鳥でオトク。

Destructive Resonanceは避ける。これもrangedしかターゲットされないので、みんなから離れていると避けなくてすむ。

Arcane Wrathは、ほかの人に移るたびにダメージが増えていくので、表示できるようにしておいて、renewing mistやsoothing mistをつけておく。最後に捨てに行く係りの人に、enveloping mistをつけるといい感じ。それでも危なそうなら、デバフが届かない距離を維持しつつ、後を追ってhealする。meleeの利点を生かして、ステージ真ん中に陣取ると、だいたい届くのでmeleeといっしょにスタックするといいかも。

dekaosu.jpg

Mark of Chaosをつけられたtankは、全員から離れた場所でデバフを処理りするので、healがとどかないことがしばしば。まえもってlife cocoonをつけて、ぎりぎり安全な位置まで接近してhealを継続すると安心。Mark of Chaosをもらうと身体のサイズが大きくなる。くまちゃんが大きくなると、もんげーカワエエずら

Mark of Chaosは効果が切れるときにtankに近いほど大ダメージ。最初、ダメージの性質が良くわかってなくて、healの届く範囲外に出たtankの後をのこのこ追っかけて、tankぼかんで床ペロを何回も何回も繰り返してしまったので、注意。






tomaakon.jpg

とまぁ、大体こんな感じで、Mythic以外は大丈夫だと信じたい。

あ、ちなみに、画像一番上の緑のバーは、れおれお好感度maxのバーです。




まとめ

monk healはmeleeなのでボサッとしてても、だいたい大丈夫。




 


category: Mistweaver Monk/のすけ<3

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

「resto dru歴が長いと、rejuvキノコがhealしてくれる方な気がして仕方ないから注意する。」 ← まさにこれ。最初はすごく混乱しました v-388

Tel #- | URL | 2014/12/16 05:17 | 

コメントありがとうございますー :)

ですよね、やっぱりそうですよね。
私の周りにはresto druの方がいらっしゃらないので、わかってもらえないだろうなーってモヤモヤしてましたw

kumakiti #- | URL | 2014/12/16 18:46 | 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。