Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

6.0.2になってもdiscはやっぱりdiscだった。 

 

602d.jpg

なんかいろいろ変わりましたが、腐ってもdisc様ですね。

 
 

ステータスがスケールダウンして、mana持ちがよくなって、それにともなってheal量が減ったらしいのですが、そこはさすがのdisc様。あいかわらずopなようです。


atarumae.jpg

ガロ様と遊んだときの様子を例に、比較してみました。まずはパッチの当たる前。

atonementと、talent skillのdivine starのおかげで、divine aegisがトップの成績です。

spirit shellも存在感が大きいです。4set効果のおかげで、SS使用時にhasteとmasteryのstasが上昇する効果がいい影響を与えているようです。



atoato.jpg

そして、パッチの当たった後。10manから20manになったことと、heal量のスケーリングの影響で、比較するにはちょっと無理がある気がしないでもないですが、小難しいことは省いてみてみます。

atonementとdivine starのheal量が控えめになったことにより、divine aegisの数字が減っているのがまず目に付きます。そして、かわりに台頭してきたのが、power word: shieldです。mana持ちがよくなったことにより、spiritを特盛にしなくてもバンバン使用することが出来ます。それに伴って、Glyph of Power Word: Shieldを使用することで、heal量を実質20%ほど上昇させることができ、power word: shieldによるheal量をさらに底上げすることが出来ました。

spirit shellは、ベースラインから削除され、talent skillとして位置づけられるようになりました。個人的に同じtierの他のtalent skillに魅力を感じないので、当分SSメインで運用すると思います。さらにSSがtalentになったことによって、4set効果が変わりました。今までは60sec cdのSSをトリガーとして発動していた効果が、30sec cdのArchangelをトリガーとして発動するようになったため、単純に考えて4set効果が2倍の効力を発揮するようになりました。すごいbuffです。

mana持ちがよくなったこと、spritの位置づけがゲーム全体をとおして変わったことによって、いままでset装備についていたsecondary statsが、spirit/masteryからcrit/masteryへと変化していました。discにとっては、crit/masteryに変わってもらったほうが、healが増えるので、これまた良い方向へと変わりました。



renda.jpg

パッチが当たった後、ToTのアチーブメントrunに参加させてもらったのですが、こちらのデータも面白かったので、紹介しておこうと思います。

アチーブメントをとるための作戦で、raid全体がスタックしていたのですが、discが恐ろしいほどのパフォーマンスを出していました。ここで使用したのが、今回のパッチでベースラインスキルとして追加されたholy novaというスキルです。いままでは、専用のglyphを利用することで、使えるようにはなっていたのですが、あんまり使い道がない死にスキルでした。

holy novaは自身を中心に12yard以内にいる味方5人をhealしてくれるspellで、インスタントなうえに、heal量もそこそこ高いのが特徴です。discが使えるAEhealは、holy novaのほかにpryaer of healingというスキルがありますがcastが必要なうえに、グループごとにしかhealすることが出来ません。しかしholy novaはグループ関係なくランダムに5人healしてくれるので、スタックさえしていれば、抜群のパフォーマンスを発揮してくれます。

hnrenda.jpg

healの内訳はこんな感じでした。

holy novaのheal量はパッと見地味ですが、crit効果によるdivine aegisのhealもあわせてみると、healの7割弱がholy novaだけで稼げている気がします。なんぞこれop。

ボス戦中は、archangelとspirit shellを使用するとき以外は、ほとんどずっとholy nova連打してました。ここまでひとつのスキルで賄えてくると、いっそ清清しい気さえしてきました。opをきわめると、1ボタンですんじゃうんですね。恐ろしい。

healのほかに、周囲の敵全体にダメージも与えることが出来るので、dps healerとしてのdiscの魅力を損なうことなくHDを稼ぐことが出来ます。




6.0.2の変更をざっとみた感じ、atonementとtalent skillをちょっとnerfしたくらいじゃ、
disc様のopは止まらんぜよ!という結果になっていました。

というわけで、6.0.2のdiscのローテは、

散開時 power word: shield 連打

密集時 holy nova 連打


で決まりです。



なんだかんだと書きましたが、lv100にフォーカスして調整しているから、lv90で遊んでいる現在がこうなっているだけで、きっと、ちゃんとWoDが始まって、lv100になって遊べるようになったら、class間のバランスがいい感じになっているんだとおもいます。

ていうか、そうでないと困ります。



druidとmonkに、明るい未来を!


 
 


category: Discipline Priest/OPを考える

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。