Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Manaが足りないそんな時 

 

Resto DruidをやっていてManaが不足する時に注意することをメモ


 

rej.pngRejvenationの使いすぎでオーバーヒールさせすぎると、マナを無駄に使うことになってしまう。
オーバーヒール分はある程度wmb.pngキノコで吸収してくれるので、
完全に無駄になるというわけではないが、オーバーヒールさせないに越したことはない。

rej.pngのかわりにwg.pngWildGrowth、sm.pngSwiftmendを使うとマナ効率が良くなる。
sm.pngの魔方陣を上手く味方の中心で展開できるように気をつける。

ぶっちゃけrej.pngを使う回数を減らすだけで、かなりマナに余裕ができる。



reg.pngRegrowthを使わなくてはならない状況を、出来るだけ回避するように努める。

Resto DruidはHotのマナ効率は良いけれど、
それ以外のマナ効率がいまいちよくない。
とくにreg.pngは回復量の割にマナを使う。

敵の強力な攻撃スペルのCDをチェックして、事前にHoTスペルとwmb.png
それでもカバーできなさそうであれば、ht.pngHealing Touchの詠唱を事前にはじめておく。



lb.pngLifebloomを忘れずに維持する。

特に忘れがちなので注意。
lb.pngの効果が表れるタイミングに、
4%の確率で次に使うreg.pnght.pngのマナコストが0になるClearcastが発生する。
これによりだいぶマナ負担が軽減される。



inv.pngInnervateを使用する。
だいたいマナが3~4割になった時に使う。
瞬時に回復というわけではなく、じわじわ回復するので、無くなる前に使いたい。





 


category: Restoration Druid/考察みたいな

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。