Kumakiti WoW日記

World of Warcraft(ワールド オブ ウォークラフト) Night Elf Druidのプレイブログです。アメリカのBlizzard Entertainment社が運営しているゲームで、日本人プレイヤーが多いといわれている、Proudmooreサーバーで遊んでいます。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

どうじょうするならかねをくれ 

 

doujou.jpg

同情と、
同乗をかけた、
高度なギャグ。

 
笑いの方向性には、
脳的に見て、2通りあります。

まず、右脳的な、直感的な笑い。
感覚的な面白さで、特になんの意味も脈絡もないのに、
響きだけで面白おかしくなれる、そんな感じの感覚です。
ダッフンダとか、ガチョーンとか、そういうのです。

もうひとつは、左脳的な、論理的な笑い。
同音異義語を使ったり、意味や脈絡があり、
なにかしらのストーリー性をともなうことが多い笑いです。
落語や、喜劇などに近い感じの感覚です。

私の場合、右脳的な笑いには、わりと敏感で、
ほかの方が平然としているのに、私だけ笑っていることが、よくあります。
反対に、左脳的な笑いに鈍くて、
なかなか理解するのに、時間がかかってしまうことが多いです。



さて、
いちばん上の画像は、
ギルドの方たちと一緒に、
ホードの領地へ遠足へ行っている最中の写真です。
3人のりのマウントを運転しているメンバーの方がいらっしゃったので、
乗せてもらっています。

いちばん下に写っているマウントには、
誰も乗る人がいなかったので、運転手の方が、しょぼーんとしていました。

そこで、他のギルドメンバーの方が、
私が乗りましょうか?と声をかけたところ、

彼には、同情しないでくださーい。

と、また別のメンバーの方が声をかけていました。




と思っていると、
同情と、同乗をかけた、
高度なギャグなのだと、説明されました。

あー、
あー、なるほどねー、

わかってたよ、わかってましたよー、私ー。
あははー。

と知った風な態度をとっていましたが、
実際は、説明されても、理解するまでに、
結構時間がかかってしまいました。



落語なんかでも、
ここ笑うところですよー。
頭の回転が速い方は、笑っていらっしゃいますー。
などと落語家の方が楽しそうに話していても、

ほへ?

っと、
間の抜けた顔をしていることが多く、
今回も、例に漏れずわたしだけ、置いてきぼりだったようです。



もっとこう、
頭の回転が早くなるように、
お魚を食べようと思います。




マグロ。
マグロでいいよね。

そうだ、オオトロ。
お寿司食べに行こう。

そうしよう。


マグロってどんな魚?
 



そうそう、

doujou1.jpg

アチーブと、マウントも無事ゲットできましたー。 


 


category: ギルドの方々との交流

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。